冬のキャンプに必須!テントで使える暖房器具のおすすめ人気ランキング10選!

冬のキャンプに必須!テントで使える暖房器具のおすすめ人気ランキング10選!

冬のキャンプには、夏では楽しめない魅力がたくさん詰まっています。特に冬の澄み切った空気から見上げる星空は、絶景の一言に尽きますよね。

ただ冬のキャンプ場では、テントの中で暖房を上手に活用する必要がございます。キャンプ用の暖房にもたくさんの種類が発売されていますので、どれを購入すれば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回の記事では、テントの中でも使えるおすすめな暖房をランキング形式でご紹介していきます。

冒頭では、テントの中で使用する暖房の選び方も解説していきます。また各商品の特徴にも触れていますので、きっとお好みの暖房が見つかりますよ。

初めて冬キャンプに挑戦される方にも必見の情報ですので、早速確認していきましょう!

 

1. キャンプのテントで使える暖房器具の選び方

1. キャンプのテントで使える暖房器具の選び方

まずは、キャンプ場のテントでも使用できる暖房の選び方を確認していきましょう。

市販されている幾多の暖房の中からベストなアイテムを購入する上で大事な選び方のポイントです。冬キャンプを十二分に楽しむためにも、ぜひチェックしてくださいね!

1-1. 暖房のエネルギーの熱源を確認しよう!

テント内で使用できる暖房には、主に「ガス」「石油」「電気」タイプの3種類ございます。ガスや石油タイプなら、どんなキャンプ場でも万能にお使いいただけますよね。

カセットガスはコンビニでも発売されていますので、ガス切れの際に補給しやすいメリットもございます。ただガスタイプは気温が冷え込むと気圧の関係で着火しづらいデメリットもございますので注意も必要です。

電気タイプは、当然ですが、電源が必要になります。キャンプ場の中には、「AC電源サイト」が設置されている場合もあります。こうしたキャンプ場を利用する場合は、電気タイプの暖房を使用することもおすすめです。

まずはどの熱源の暖房を使用するか決めてみてくださいね。

1-2. 電気タイプの暖房は出力(W数)を確認しよう!

電気型の暖房を購入される場合は、絶対に気をつけるべき注意点がございます。

基本的にAC電源サイトのあるキャンプ場でも、使用できる電気のW数に上限を設けている場合が多いです。上限値はキャンプ場によっても異なりますが、1000Wに設定されているキャンプ場が多い印章を受けます。

対応W数以上の暖房を持参しても使用できませんので、くれぐれもこの点はご注意ください。電気タイプの暖房を購入するときに必ず気をつけるべき選び方のポイントですので、ぜひ押さえてくださいね。

1-3. 暖房の火力に気をつけよう!

冬のキャンプでは、少しでもテントの中を暖かくしたいですよね。このため暖房も、ついつい火力の強いものを選んでしまいがちです。

ただ屋外用として発売されているモデルをテントで使用するには注意も必要です。火力の強い暖房は、それだけ火事や一酸化炭素中毒の危険性が高まってしまいます。

そこでテントで使用する暖房を選ぶときは、基本的には室内用のものから選ばれることをおすすめいたします。また暖房を使用する際は、こまめに換気をすることも忘れないでくださいね。

2. テントで使えるキャンプ用暖房グッズのおすすめランキングTOP10!

2. テントで使えるキャンプ用暖房グッズのおすすめランキングTOP10!

それでは、キャンプのテントで使える暖房をランキング形式でご紹介していきます。

ここではたくさんの暖房器具をご紹介しています。上でご紹介した選び方もご参考に、キャンプのテントにぴったりなアイテムを探してみてくださいね!

第1位 イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ

まずはカセットガス式の暖房として、イワタニのこちらの器具からご紹介いたします。カセットガスで簡単にテントの中で暖を取れますので、冬のキャンプでも大活躍をしてくれますよ。

もちろん安全対策もしっかりと施されています。不完全燃焼防止装置や転倒時消火装置など、4つの安全装置が装着しています。このためテントでも安心してお使いいただけるおすすめ商品です。

Amazonからも「冬のテントにおすすめ」などと高レビューがたくさん投稿されている人気グッズです。冬のテントにこちらの暖房を持参すれば、快適なキャンプをお楽しみいただけますよ。

商品名:イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖
価格:11500円
詳細:「イワタニ カセットガスストーブ」の詳細はこちら

第2位 イワタニ カセットガス スポーツヒーター

イワタニから発売されている暖房器具としては、こちらの商品もおすすめです。こちらは基本的に屋外用としてお使いいただくタイプですが、短時間ならテントの中でもご使用いただけます。

屋外用だけあって火力の強さには定評があります。テントの中を一気に暖めるにも大活躍してくれますので、冬のキャンプ用としてお見逃しできません。

本体には持ち手が付いており、キャンプ場への持ち運びも快適です。またストーブをテントから出し入れするのも楽々ですよね。通常のカセットガスを使用しますので、使い勝手の良さも申し分ありませよ。

商品名:イワタニ カセットガス スポーツヒーター
価格:29746円
詳細:「IWATANI スポーツヒーター」の詳細はこちら

第3位 TOYOTOMI 石油ストーブ Rainbow

キャンプの暖房として石油ストーブを使用することもおすすめです。そこでトヨトミから発売されているこちらをご紹介いたします。特殊ガラスコーティングで炎の色が7色に輝き、しっかりとテントの中を温めてくれます。

またニオイセーブ機能も搭載しており、オフ時の石油ストーブ特有の嫌な匂いが発生しづらくなっています。さらに万が一キャンプ場へ搬送中にストーブが点灯してしまっても、本体から油が漏れにくい設計をしています。

Amazonからも「暖かい」などと多くのコメントが寄せられている人気商品ですので、ぜひお確かめくださいね。

商品名:TOYOTOMI 石油ストーブ Rainbow
価格:23700円
詳細:「TOYOTOMI 石油ストーブ」の詳細はこちら

第4位 トヨトミ 対流型 石油ストーブ

コンパクトな石油ストーブをお探しの方は、トヨトミのこちらもチェックしてみてください。約9畳用の石油ストーブですので、テントの場合はこのサイズでも十分に機能してくれます。電子点火で簡単に火を灯せますので、寒い冬でも安心してお使いいただけます。

また炎も明るいタイプになりますので、夜間は照明の代わりとしてもお使いいただけますよ。およそ40W電球相当の明るさを確保してくれますので、照明としても機能してくれます。

デザインもおしゃれで、キャンプの雰囲気を高めてくれる暖房ですよね。信頼あるブランド物の暖房をお探しの方にもおすすめなアイテムです。

商品名:トヨトミ 対流型 石油ストーブ
価格:25000円
詳細:「トヨトミ 石油ストーブ」の詳細はこちら

第5位 山善 電気ストーブ

電気ストーブとしてまずご紹介するのがこちらです。この暖房は、スイッチを入れてから温まるスピードの速さが魅力的です。キャンプ場で電源オンをしたら、すぐに暖を取れますので、寒いテントでも大活躍してくれますよ。

また暖房の出力も2段階から調整できますので、温度にぴったりなセッティングが可能です。本体の裏側には持ち運び用の取っ手もついていて、キャンプ場への行き帰りも便利です。

ご自宅でもそのままストーブとしてお使いいただけるおすすめ品ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

商品名:山善 電気ストーブ
価格:2780円
詳細:「山善 電気ストーブ」の詳細はこちら

第6位 ブルーノ カーボンファンヒーター ノスタルストーブ

ブルーノから発売されているカーボンファンヒーターとして、こちらの暖房器具もおすすめです。ご覧の通り、背丈の高い暖房になります。このため冬のテントでもしっかりと暖をとることができますよ。

運転モードはダイヤルで無段階から調節できますので、気温に応じて自由にご調整いただけます。最大モードで使用しても1000W以内に抑えられますので、AC電源サイトのキャパもしっかりカバーできます。

タイマー機能も付属しており、就寝前にお使いいただくことも可能ですよ。秋冬のアウトドアにも絶好の暖房ツールですので、ぜひお確かめくださいね。

商品名:ブルーノ カーボンファンヒーター ノスタルストーブ
価格:14580円
詳細:「ブルーノ カーボンファンヒーター」の詳細はこちら

第7位 KEYNICE ファンヒーター

キャンプへコンパクトなセラミックヒーターを持参されるのもおすすめな方法です。スイッチを入れた瞬間から暖かい空気が出てきますので、すぐに暖をとることができますよ。

また首振り機能も搭載しており、複数人でお使いになるのもおすすめです。保温モードも2段階から調整いただけますので、テントの温度に応じて使い分けられます。

強モードでも消費電力は950W程度ですので、AC電源サイトも一安心ですね。電源のあるアウトドアのお供としても絶好の暖房となってくれますので、ぜひお確かめくださいね。Amazonからも高評価のつく人気商品です。

商品名:KEYNICE ファンヒーター
価格:4980円
詳細:「KEYNICE ファンヒーター」の詳細はこちら

第8位 カセットガスストーブ カセットボンベ式

カセットガスコンロのような感覚で使える暖房として、こちらをご紹介いたします。ガスコンロがストーブになったようなデザインをしていますので、初めて使用される方でも簡単にお使いいただけます。

また暖房の向きを自由に調整できます。テントの中でピンポイントに噴射向きをご調整いただけますので、それだけ暖を取りやすいですよ。

本体もそこまで重くありませんので、キャンプ場への持ち運びも楽でおすすめです。Amazonからもアウトドア用ヒーターとして注目されている人気商品です。ぜひテント用のヒーターとしてチェックしてみてくださいね。

商品名:カセットガスストーブ カセットボンベ式
価格:2980円
詳細:「カセットガスストーブ」の詳細はこちら

第9位 LEKING ステンレスヒーター

ガスタンクを使用する暖房として、こちらのストーブをご紹介いたします。ガスタンクを上手に活用すれば、カセットガスよりも長時間使用できますよね。

こちらは本体には熱伝導性の良いアルミニウム合金のリフレクターデザインを採用しており、優れた保温能力を発揮してくれます。コンパクトながらしっかりとテントを暖かくしてくれるストーブですので、冬のキャンプでもおすすめです。

サイズも小さめと、キャンプ場への持ち運びのしやすさからも評価できます。Amazonからも「暖かい」とレビューが投稿されている人気商品ですので、ぜひお確かめくださいね。

商品名:LEKING ステンレスヒーター
価格:2697円
詳細:「LEKING ステンレスヒーター」の詳細はこちら

第10位 USER グランドエイト ワイド

暖房と併せて使用したい保温ツールとして、こちらのマットをご紹介いたします。冬のキャンプ場では、外気による温度低下にどれだけ対策を講じられるかも大切なポイントですよね。

そこでこちらのシートをテントの下に敷いてみてください。地面からの冷え込みを低減できますので、暖房をより効果的に効かせられます。またシートの厚みも8mm程度確保されているので、住環境の改善にも繋がります。

シートは電気や石油、ガスも必要ありませんので、キャンプ場のテントでもお手軽にお使いいただけます。冬のキャンプで重宝する必須ツールですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

商品名:USER グランドエイト ワイド
価格:1199円
詳細:「USER グランドエイト」の詳細はこちら

3. テントで暖房器具を上手に活用して冬のキャンプを存分に楽しもう!

いかがでしたでしょうか。キャンプのテント内で使用できるおすすめな暖房はご確認いただけましたでしょうか。

キャンプ場の中には、AC電源サイトの設置された施設もございます。こうしたキャンプ場をご利用すれば、電気タイプの暖房もお使いいただけましたね。一方で石油やガス式の暖房を購入すれば、場所を選ばずにいつでも暖を取ることができます。

上ではこの様な観点からおすすめな暖房をまとめてご紹介してきました。キャンプ場の施設やテントの大きさも加味しつつ、冬のキャンプのお供となる暖房器具を探してみてくださいね。

それでは、暖房を上手に活用して、素敵な冬キャンプをお楽しみくださいね!